イラストの今後の課題について

2021年03月29日 12:37

今後の課題についてまとめてみた。
苦手にしていること

① 構図の絵を練習する
端的に言えば裸の絵を描けるようになること
現状度のイラストもここに非常に多くの時間をかけている
まずはスラスラ描けるそんな状態に持っていければベスト

② 表情のバリエーションを増やす
現状表情が似たり寄ったりの状況なので
いつもの表情以外のバリエーションについても模索し
引き出しを増やす。
(対策 たくさんいろんな表情を描いて経験値を積む)

③ 服装のバリエーションを増やす
服装に関しても引き出しが少ない
例えばフリル
現在描いているパルラは既存機能のフリルブラシを使用し
ベースを描いている
そういったものをその絵に合わせて自由に描く
既存の規則正しいフリルからオリジナルに変化させる
そのほかにはそもそも論
描ける服のバリエーションそのものも今回の課題の対象
制服・水着・チャイナドレスやドレス・パーカーなど
描いたことあるものの種類を増やす。

④ その他人のパーツの勉強についても継続して進めていく
手の描き方とかまだテキストの半分も終わっていない
そういった形で購入した本の中に描かれているスキルは
確実に自分のものにしていこう。

⑤ 構図の勉強についても勉強する
Ⅰ.現状構図(被写体のポーズについて)
 引き出しが少なく考えて出てくるものも安易なものが多い
本などを見ながらそもそも構図について勉強しつつ色々なイラストやアニメーションを見ながら気になるものを見つけたら書きまとめる

⑥ 今後のテーマ
あおり・ふかんなど角度も付けれるようになると上記5つの項目にももっと幅を利かせることができる。
これは難易度が上がるので様子を見ながらある程度のレベルで⑤までの課題を攻略したのちにマスターしたいテクニック

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)